大きくする 標準 小さくする

ブログ 2016/10

2016年10月22日の読書会[過去に実施された読書会]

投稿日時:2016/10/26(水) 06:11

■10/22(土)の14時30分から当会72回目の読書会が行われました。

■場所:武蔵浦和コミュニティセンター

■参加メンバは女性22名、男性17名 計39名(内、初参加5名)。

■5テーブルで実施しました。

■紹介された本は以下の通りです。
いのちをいつくしむ新家庭料理(辰巳芳子)
幻想郵便局(堀川アサコ)
青ひげ(カート・ヴォネガット)
道頓堀川(宮本輝)
オケピ!(三谷幸喜)
月と六ペンス(サマセット・モーム)
プラバン甲子園大研究(梅津有希子)
残像に口紅を(筒井康降)
右か、左か(心に残る物語-日本文学秀作選)(沢木耕太郎 編)
恐山 死者のいる場所(南直哉)
ディランを聴け!(中山良樹)
合葬(杉浦日向子)
女体についての八篇 晩菊(安野モヨ子 選・画)
老人たちの裏社会(新郷由起)
ふしぎな図書館(村上春樹
佐々木マキ)
羊男のクリスマス(村上春樹
佐々木マキ)
風花病棟(帚木蓬生)
ピカソは本当に偉いのか?(西岡文彦)
ピダハン(ダニエル・L・エヴェルト)
罪の声(塩田武士)
虹を待つ彼女(逸木裕)
太陽の痛み(ヘスス・カラスコ)
バースデイ・ストーリーズ(村上春樹)
パレス・メイヂ(久世番子)
ラダックの風息 空の果てで暮らした日々(山本高樹)
ゼロからトースターを作ってみた結果(トーマス・トウェイツ (著),村井理子 (訳))
最貧困女子(鈴木大介)
食堂かたつむり(小川糸)
コンビニ人間(村田沙耶香)
ワンダー(R・J・パラシオ)
罪と罰(ドストエフスキー)
『罪と罰』を読まない(岸本佐知子,三浦しをん,吉田篤弘,吉田浩美)
王妃の館(浅田次郎)
映画篇(金城一紀)
天使も夢みるローソク夜(陸奥A子)
陸奥A子 ベストセレクション(陸奥A子)
朝日のようにさわやかに(恩田陸)
チェーホフ短篇集(A・チェーホフ)
ページをめくれば(ゼナ・ヘンダースン)
半神(萩尾望都)
母性(湊かなえ)
ハサミ男(殊能将之)
殊能将之 未発表短篇集(殊能将之)
堤清二 罪と業(児玉博)
語彙力こそが教養である(齋藤孝)
殺意のシナリオ(J・F・バーディン)
魂の退社(稲垣えみ子)
人ノ町(詠坂雄二)
もしもあなたが猫だったら?
「思考実験」が判断力を磨く(竹内薫)
ある男(木内昇)
世界の廃墟(佐藤健寿)
奇界遺産(佐藤健寿)
チーズはどこへ消えた?(スペンサー・ジョンソン)
わが人生の時の時(石原慎太郎)
聖の青春(大崎善生)
テロリストのパラソル(藤原伊織)
コンビニ人間(村田紗耶香)
楊令伝(北方謙三)
人質の朗読会(小川洋子)
スナックちどり(よしもとばなな)

■記載者のつぶやき
今回は取材あり、差し入れあり、赤ちゃんの笑顔あり、で盛りだくさんでした。