大きくする 標準 小さくする

ブログ 2018/9

2018年9月22日の読書会[過去に実施された読書会]

投稿日時:2018/09/26(水) 06:09

■9/22(土)の14時30分から当会95回目の読書会が行われました。

■場所:武蔵浦和コミュニティセンター

■参加メンバは女性31名、男性18名 計49名(内、初参加2名)。

■7テーブルで実施しました。

■紹介された本は以下の通りです。
抱く女(桐野夏生)
ミスト 短編傑作選(スティーヴン・キング)
颶風(ぐふう)の王(河崎秋子)
「教科書名短編 人間の情景」の中の「前野良沢」(中央公論新社編)
愛蔵版「キャンディ♡キャンディ」(いがらしゆみこ)
特急二十世紀の夜と、いくつかの小さなブレークスルー(カズオ・イシグロ)
星を創る者たち(谷甲州)
火山のふもとで(松家仁之)
人生がうまくいく哲学的思考術(白取春彦)
静かな炎天(若竹七海)
他界(金子兜太)
金子兜太 自選自解99句(金子兜太)
金子兜太のことば(石寒太)
チューバはうたう mit Tuba(瀬川深)
電遊奇譚(藤田祥平)
初秋(ロバート・B・パーカー)
晩秋(ロバート・B・パーカー)
皇后の真実(工藤美代子)
抱く女(桐野夏生)
1日江戸人(杉浦日向子)
暗幕のゲルニカ(原田マハ)
あ・うん(向田邦子)
昭和の怪物 七つの謎(保坂正康)
枝野幸男、魂の3時間大演説(枝野幸男)
丘の屋敷(シャーリィ・ジャクスン)
バッタを倒しにアフリカへ(前野ウルド浩太郎)
到達不能極(斉藤詠一)
監禁面接(ピエール・ルメートル)
岸辺露伴は動かない(荒木飛呂彦)
わたしを離さないで(カズオ・イシグロ)
夜想曲集(カズオ・イシグロ)
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(村上春樹)
小惑星探査機はやぶさの大冒険(山根一眞)
隠蔽操作3 疑心(今野敏)
彼女は頭が悪いから(姫野カオルコ)
昭和の犬(姫野カオルコ)
指の骨(高橋弘希)
野火(大岡昇平)
犬(キミ)がいるから(村井理子)
終わった人(内館牧子)
ご本出しときますね?(若林正恭)
泣けるいきもの図鑑(今泉忠明)
パリ職業づくし(ポール・ロレンツ)
耳をすませば(柊あおい)
もものかんづめ(さくらももこ)
花だより みをつくし料理帖 特別巻 (高田郁)
マリー・アントワネットの調香師(エリザベット・フェドー)
木下杢太郎随筆集(木下杢太郎)
ソビエトとロシア(森本良男)
自動車世界戦争(泉谷渉)
太陽の棘(原田マハ)
真犯人(翔田寛)
なんらかの事情(岸本佐知子)
政治の衰退(フランシス・フクヤマ)
新潮日本古典集成〈第三九回〉
更級日記(菅原孝標女
秋山虔・校注)
物語の役割(小川洋子)
謎のギャラリー こわい部屋(北村薫・編)
寄席の底ぢから(中村伸)
コーヒーが冷めないうちに(川口俊和)
刑事マルティン・ベック ロセアンナ(マイ・シューヴァル、
ペール・ヴァールー)

■記載者のつぶやき
次回課題本開催は2019年2月です。
(課題本読書会と通常読書会の併用開催)