大きくする 標準 小さくする

ブログ

<<前へ次へ>>

2019年11月23日の読書会[過去に実施された読書会]

投稿日時:2019/12/02(月) 06:20

■11/23(土)の14時30分から当会109回目の読書会が行われました。

■場所:武蔵浦和コミュニティーセンター

■参加メンバは女性18名、男性12名 計30名

■5ーブルで実施しました。

■紹介された本は以下の通りです。
日本史の内幕(磯田道史)
なぜ今、仏教なのか(瞑想・マインドフルネス・悟りの科学)(ロバート・ライト)
世界が土曜の夜の夢なら
-ヤンキーと精神分析-(齋藤環)
王とサーカス(米澤穂信)
三月の毛糸(川上未映子)
グッド・フライト、グッド・ナイト
パイロットが語る最高の空旅(マーク・ヴァンホーナッカー)
あひる(今村夏子)
一応の推定(広川純)
ふたりぐらし(桜木紫乃)
生きるって何?(たかのてるこ)
逃げろ 生きろ 生きのびろ!(たかのてるこ)
「いじめ」をめぐる物語(江國香織)
花ざかりの森 憂国(三島由紀夫)
逃亡派(オルガ トカルチェク)
デトロイト美術館の奇跡(原田マハ)
カルト宗教信じてました(たもさん)
ま・く・ら(柳家小三治)
ワルボロ(ゲッツ板谷)
字のないはがき(向田邦子、角田光代、西加奈子)
フェルメール 最後の真実(秦新二 成田睦子)
閉鎖病棟(帚木蓬生)
夏物語(川上未映子)
たんぽぽ娘(ロバート・F・ヤング)
旅がなければ死んでた(坂田ミギー)
孤独の意味も、女であることの味わいも(三浦瑠璃)
世界の辺境とハードボイルド室町時代(高野秀行・清水克行)
海炭市叙景(佐藤泰志)
氷平線(桜木紫乃)
幼なじみ(佐藤正午)
贖罪の奏鳴曲(中山七里)
エジプト考古学(近藤 二郎)
地中海文明史の考古学 エジプト・物質文化研究の試み(長谷川 奏)
ウォーターゲーム(吉田 修一)
「繊細さん」の本(武田 友紀)
短篇ベストコレクション 現代の小説2014(日本文芸家協会)
「アラブの春」の正体 欧米とメディアに踊らされた民主化革命(重信 メイ)
人魚の眠る家(東野 圭吾)
白銀の墟 玄の月 (十二国記)(小野 不由美)
スキップ(北村薫)
ターン(北村薫)
リセット(北村薫)
運上雲下(朝井まかて)
グッドバイ(朝井まかて)
現代演劇大全
いま観るべき舞台のすべてがわかる(朝井まかて)
書店員 波山個間子(黒谷知也)
ビッグ・クエスチョン(スティーブン・キング・ホーキング)
月の満ち欠け(佐藤正午)
アンの青春( L.M. モンゴメリ (著)
松本 侑子 (翻訳))

■記載者のつぶやき
2010年11月から始まったさいたま読書倶楽部も
とうとう10年目に突入しました!

2019年10月26日の読書会[過去に実施された読書会]

投稿日時:2019/10/31(木) 06:10

■10/26(土)の14時30分から当会108回目の読書会が行われました。

■場所:武蔵浦和コミュニティーセンター

■参加メンバは女性23名、男性17名 計40名。

■6ーブルで実施しました。

■紹介された本は以下の通りです。
事故物件怪談 恐い間取り(松原タニシ)
図説 日本史通覧()
笹の舟で海をわたる(角田光代)
ロスジェネの逆襲(池井戸潤)
恋のゴンドラ(東野圭吾)
万波を翔る(木内昇)
恐竜超世界(NHKスペシャル「恐竜超世界」制作班)
三つ編み(レティシア・コロンバニ)
ベル・カント(アン・パチェット)
ひみつのしつもん(岸本佐知子)
身の上話(佐藤正午)
下町ロケット「ヤタガラス」(池井戸潤)
夜行(森見登美彦)
オレオレの巣窟(志駕 晃)
夢も見ずに眠った。(絲山秋子)
盤上の敵(北村薫)
多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。(Jam)
続あしながおじさん(ジーン・ウェブスター (訳)畔柳和代)
ハサミ男(殊能 将之)
樹海考(村田らむ)
給食アンサンブル(如月かずさ)
潜入ルポamazon帝国(横田増生)
午後の曳航(三島由紀夫)
銀河鉄道の父(門井慶喜)
明仁天皇物語(古屋兎丸)
日航123便墜落の新事実、目撃証言から真相に迫る(青山透子)
牡蠣の森と生きる(畠山重篤)
ストーリー オブ マイ キャリア(L,M,モンゴメリ)
バナナ(獅子文六)
ねにもつタイプ(岸本佐知子)
作家と楽しむ古典(etc)
笑う漱石(夏目漱石・南伸坊)
山頭火(種田山頭火)
南米妖怪図鑑(ホセ・サナルディ)
人生は愉快だ(池田晶子)
八月の梅(アンジェラ・デーヴィス=ガードナー)
自分のことは話すな(吉原珠央)
メインテーマは殺人(アンソニー・ホロヴィッツ)
そうか、もう君はいないのか(城山三郎)
天平グレート・ジャーニー(上野 誠)
1988年のパ・リーグ(山室 寛之)
獄窓記(山本 譲司)
厭世マニュアル(阿川 せんり)
おおきく振りかぶって(1-31巻)(ひぐち アサ)
美しい距離(山崎 ナオコーラ)
白銀の墟 玄の月(小野不由美)
薄情(絲山秋子)
語りだす奈良 118の物語(西山厚)
GACKTの勝ち方(GACKT)
怒り(吉田修一)
三つ編み(レティシア・コロンバニ)
死者の季節(恩田陸)

■記載者のつぶやき
今回は「三つ編み」がカブリました。
今年5人が紹介してます。

2019年9月28日の読書会[過去に実施された読書会]

投稿日時:2019/10/08(火) 09:12

■9/28(土)の14時30分から当会107回目の読書会が行われました。

■場所:市民会館うらわ

■参加メンバは女性24名、男性13名 計37名。

■5ーブルで実施しました。

■紹介された本は以下の通りです。
人生がときめく片づけの魔法(近藤麻理恵)
残り物には過去がある(中江有里)
さざなみのよる(木皿泉)
みずうみ(川端康成)
刑罰(フェルディナント・フォン・シーラッハ)
刑罰(フェルディナント・フォン・シーラッハ)
山と渓谷 2019No1014(10月号)()
MOMENT(本多孝好)
蜜蜂と遠雷(恩田陸)
遠くの声に耳を澄ませて(宮下奈都)
6代目 日ペンの美子ちゃん(服部昇大)
医者が教える食事術(牧田善二)
歌声が聴こえる(武笠昇)
ブックショップ(ペネロピ・フィッツジェラルド)
ひみつの王国 評伝石井桃子(尾崎真理子)
青年(森鷗外)
羊たちの沈黙(トマス・ハリス)
カルカッタの殺人(アビール・ムカジー)
罪の轍(奥田英朗)
国語教師(ユーディト・W・タシュラー)
罪の轍(奥田英朗)
哲学者とオオカミ(マーク・ローランズ)
老人と海(ヘミングウェイ)
ギブ・ミー・ア・チャンス(荻原浩)
微笑む人(貫井徳郎)
イノセント・デイズ(早見和真)
生理ちゃん(小川健)
これは経費で落ちません(青木祐子)
1989年のテレビっ子(戸部田誠)
カルト宗教信じてました。(たもさん)
わが盲想(モハメド・オマル・アブディン)
ペット・セマタリー(スティーヴン・キング)
遥かなるセントラルパーク(トム・マクナブ)
アンティーク着物万華鏡: 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなし(中村圭子・中川春香/編 岩田ちえ子/スタイリング)
落花狼藉(朝井まかて)
まことの華姫(畠中恵)
死に体(沖田臥竜)
鳩サブローの鎌倉の歩き方(鳩サブロー)
みんなが聞きたい 安倍総理への質問(山本太郎)
アーレントとハイデガー(エルジビェータ・エティンガー)
三体(劉慈欣)
三つ編み(レティシア・コロンバニ)
梁塵秘抄(佐佐木信綱)
不穏の書、断章(フェルナンド・ペソア)
風のマジム(原田マハ)
君たちは何のために学ぶのか(榊原英資)
複雑な彼(三島由紀夫)
葉っぱはなぜこんな形なのか? 植物の生きる戦略と森の生態系を考える(林将之)

■記載者のつぶやき
同じテーブルでのカブリ(「刑罰」)は初めてかな?

2019年8月24日の読書会[過去に実施された読書会]

投稿日時:2019/08/29(木) 05:44

■8/24(土)の14時00分から当会106回目の読書会が行われました。

■場所:市民会館うらわ

■参加メンバは女性24名、男性16名 計40名。

■6ーブルで実施しました。

■紹介された本は以下の通りです。
ホケツ!(小野寺史宜)
ガラスの城の約束(ジャネット・ウォールズ)
しろいろの街の、その骨の体温の(村田沙耶香)
剣客商売(池波正太郎)
山の音(川端康成)
未必のマクベス(早瀬耕)
もう生まれたくない(長嶋有)
まだ名前のない小さな本(ホセ・アントニオ・ミリャン)
レベッカ(ダフネ・デュ・モーリア)
生命科学の未来(本庶佑)
教師人生(フランク・マコート)
ロング・グッドバイ(レイモンド・チャンドラー
村上春樹 訳)
女がわからないでメシが食えるか(櫻井秀勲)
侍(遠藤周作)
深い河(遠藤周作)
70歳のたしなみ(坂東眞理子)
オイアウエ漂流記(萩原 浩)
漂流(吉村昭)
いとおしむ暮らし(内田彩乃)
スキップとローファー(高松美咲)
神々のワードプロセッサ(スティーブン・キング)
ケイトが恐れるすべて(ピーター・スワンソン)
教養としてのロック名盤100(川崎大助)
チェイサー(コージィー城倉)
ミュージック・ブレス・ユー!! (津村記久子)
ことり(小川洋子)
真実の終わり(ミチコ・カクタニ)
パパラギ 初めて文明を見た南海の酋長ツツイアのビ演説集(エーリッヒ・ショイルマン)
沈黙の少女(ゾラン・ドヴェンガー)
星の子(今村夏子)
王様ランキング(十日草輔)
掃除婦のための手引書(ルシア・ベルリン)
大家さんと僕と僕(矢部太郎)
神と野獣の日(松本清張)
クマ撃ちの女(安島薮太)
医師は最善を尽くしているか(アトゥール・ガワンデ)
流(東山彰良)
生き抜くための俳句塾(北大路翼)
神戸・続神戸(西東三鬼)
戦国十二時刻終わりのとき(木下昌輝)
はじまりは、恋(知花くらら)
やっぱりナースの仕事きらいじゃないし、ときどき、はなうた歌うし(こしのりょう)
青が破れる(町屋良平)
ぼくはきっとやさしい(町屋良平)
みずうみの妻たち(林真理子)
こころ(谷川俊太郎)
フーディーニ(ケネスシルバーマン)
おらおらでひとりいぐも(若竹千佐子)
終わった人(内館牧子)
夢見る帝国図書館(中島京子)

■記載者のつぶやき
8月は課題本読書会(人質の朗読会)との併用開催でした。
次回の課題本読書会は2月です。

2019年7月27日の読書会[過去に実施された読書会]

投稿日時:2019/07/31(水) 06:33

■7/27(土)の14時30分から当会105回目の読書会が行われました。

■場所:市民会館うらわ

■参加メンバは女性24名、男性16名 計40名。

■6ーブルで実施しました。

■紹介された本は以下の通りです。
ジヴェルニーの食卓(原田マハ)
刑罰(フェルディナント・フォン・シーラッハ)
三体(劉 慈欣)
絶滅危惧職 講談師を生きる(神田松之丞)
七人の侍(ケン月影)
どこにも属さないわたし(イケムラレイコ)
ある町の高い煙突(新田次郎)
あちらにいる鬼(井上荒野)
「空腹」こそ最強のクスリ(青木厚)
クサリヘビ殺人事件(越生圭)
蘇我の娘の古事記(周防柳)
短編ベストコレクション現代の小説2014収録「太陽は気を失う」(乙川優三郎)
人間失格((原作)太宰治 伊藤潤二)
藻屑蟹(赤松利市)
愛の鬼才(西村久蔵の歩んだ道)(三浦綾子)
蠅の王(ゴールディング)
古関裕而物語(斎藤秀隆)
人類の未来(レイ・カーツワイル他)
呪いの言葉の解きかた(上西充子)
献灯使(多和田葉)
鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。(川上和人)
苦役列車(西村賢太)
罪の声(塩田武士)
ことばのしっぽ(読売新聞生活部)
幕末下級武士の絵日記(大岡敏昭)
みかんとひよどり(近藤史恵)
開店休業(吉本隆明)
小説渋沢栄一(津本陽)
論語と算盤(渋沢栄一)
私は存在が空気(中田永一)
さざなみのよる(木皿泉)
続 横道世之介(吉田修一)
銀の匙(中勘助)
サラサーテの盤(内田百閒)
冥途(内田百閒)
ゴーレム100(アルフレッド ベスタ―)
あのこは貴族(山内マリコ)
マチネの終わりに(平野啓一郎)
忘れられた巨人(カズオ・イシグロ)
蹴りたい背中(綿矢りさ)
寡黙な死骸 みだらな弔い(小川洋子)
原稿零枚日記(小川洋子)
老人と海(ヘミングウェイ)
新宿中村屋 相馬黒光(宇佐美承)
Ms.マーベル:スマホ世代とか言われても(G・ウィロー・ウィルソン
ジェイク・ワイアット
エイドリアン・アルフォナ)
衛府の七忍(山口貴由)
カラスの教科書(松原始)
ゼロの焦点(松本清張)
単純な脳、複雑な「私」(池谷裕二)
行動経済学まんが ヘンテコノミクス(佐藤雅彦 菅俊一)
ハーモニー<harmony/>(伊藤計劃)

■記載者のつぶやき
8月は課題本読書会(人質の朗読会)との併用開催です。
<<前へ次へ>>